包茎手術のすすめ

交際を申し込む前に包茎手術を受けました

今私には結婚を前提にお付き合いしている女性がいます。

その女性とは一年ほど前に知り合ったのですが、お付き合いをはじめるまでに半年以上かかりました。

その原因は私にあるのです。

というのも私は真性包茎でして勃起したときに性器に痛みが出るほどでしたので、性交渉はおろか、女性とお付き合いさえしたことがなかったのです。

しかしある日彼女に出会ってしまいそのやさしさや、人柄に惹かれてしまったのです。

共通の趣味があったので話題には困らずに、友達として彼女と楽しい日々を送っていました。

そんなある日友人から彼女が私のことを好きらしいという話しを聞きました。

こんなチャンスを逃すことはありません。

しかしお付き合いをする、その延長線上にある性交渉は避けては通ることができません。

そこで私は思い切って包茎手術を受けることにしました。

ネットで検索してみるとクリニックごとの特色がよく分かるので比較検討を繰り返し、あるクリニックで包茎手術を受けました。

術後の経過も良好で無事半年後彼女に交際を申し込むことができ、今に至ります。

彼女から包茎手術を勧められました

私が包茎手術を受けたのは彼女から言われたことがきっかけでした。

なぜ彼女がそんなことを言ってきたかというと、彼女の友人が彼氏の恥垢から発生したウィルスによって性感染症に感染してしまったことにありました。

皮に包まれた性器は汚れが溜まりやすくウィルスが発生しやすくなっています。

女性の免疫力が落ちているときにそのような状態で性交渉を行うと子宮にウィルスが侵入してしまい、性感染症が発症してしまうことが稀にあるようなのです。

はじめはその話を聞いたときは自分には関係ないしいやだなという気持ちでしたが、調べてみると女性の子宮内に侵入したウィルスが子宮がんの原因になることもあるということを知りました。

包茎手術を受ける

こうなると自分自身の問題ではなくなってきてしまいます。

何より思い切って僕に包茎手術を受けるように勧めてくれた彼女の気持ちを考えるとこの機会に受けてみようと思いました。

ネットで調べると、手術方法や費用はクリニックや包茎の状態によっても違う事などを知ることができ、安心して手術に望むことができました。